【あらすじ】

徳島から少し離れた場所に佇む成田旅館…。

 

この旅館は昔は違う旅館で、ある事情から一度廃業していたが、数年前この旅館を成田が別の旅館として再生させていた。

 

板前の見習いをしている高田渉は、また、ある事情…からここで第二の人生を歩んでいた。

 

ある日、この旅館にやってくる伊原透。

透の姿を見てなぜか驚く旅館の人々。

 

支配人の成田はここで透を働かせると言ったが、反対する者もいた。

 

ただ、渉だけは賛成し一緒に働く事になる。

 

透が働き出したある日、ある記者が訪ねてくる。

その記者は旅館で働く人達に”あること”を必死に問いただすが皆、揃って誤魔化していた。

この旅館には何か秘密がある…?

再び動き出す時計の針…

そして、起きてしまう殺人事件…

 

犯人は…一体誰なのか…

真実とは...何なのか...

誰が...何の秘密を隠しているのか... 

 

全てが明らかになる時、そこには悲しくも愛のある真実があった...。

100点un・チョイス!がたいせつにお届けする切ないヒューマンサスペンス

あなたは《たいせつ》な人に何ができますか...